Dio☆Hobbyネットショップ


      ⇑⇑⇑⇑⇑ 艦長TAKAYAが運営しているネットショップです ⇑⇑⇑⇑⇑


当ブログで行なっている「初心者向けWebジオラマ講座」の検索ガイドをDionavi内のページに設けてあります。
ご活用ください。

  ★ 初心者向けWebジオラマ講座ガイド ★




スターウォーズ・ワールドコレクタブルフィギュアプレミアム「チューバッカ」 リペイント(再塗装)

友人とプチ忘年会を行なったあと、近所の中古品を扱っているお店に寄りました。


そこで、

スターウォーズ・ワールドコレクタブルフィギュアプレミアム「チューバッカ」Bタイプ(The force Awakens)を発見!









なんと、半額の324円!

開封品でしたが、もう買うしかないでしょう(笑)。

というわけで、連れて帰りました。





右腕とボウガンの弓の部分を取り付けると完成です。

身体全体のバランスもいいし、チュウーイの顔の表情もとてもいいです。




しか〜し、

なんじゃこの色は! (@_@;)



あまりにもパッケージの色と違いすぎる。。。

仕方ないので、リペイントすることにしました。




まずは、タミヤ・アクリル塗料の「ダークコッパー」を全身に筆塗りします。






お上品なチュウーイになりました。



次に、タミヤ・エナメル塗料のフラットブラウンを全身に筆塗りします。




半乾きになったら、エナメル溶剤を付けた綿棒で凸部分のフラットブラウンを拭き取っていきます。

拭き取られると、下地のダークコッパーが現れます。

凹の部分にはエナメルのフラットブラウンが残ります。

この作業は陰影を付けるための作業です。



さらに次は、チュウーイは部分的に黒い毛が生えているのでタミヤ・エナメル塗料のセミグロスブラックを筆塗りして再現します。

でも、セミグロスブラックは失敗でした(T_T)

風呂から上がってサッパリしたチュウーイがポマードを付けたような感じになってしまいました(苦笑)。


失敗したら、リカバリー。

上からフラットブラックを塗り重ねました。

遒斑秧Г龍目は、エナメル溶液を付けた綿棒で軽くこすり、境目をボカしていきます。

慎重に、目の周りもボカシ作業します。



いい感じになりました。

凹みの部分のフラットブラウンが上手く陰影を出してくれてます。



最後に弾帯やスリングベルト、ショルダーバッグにフラットブラックでウェザリング。


完成です。





ちょっとツヤツヤしすぎてますが、買ってきた状態よりも遥かにいい感じになったと思います。







フィギュアは完成ですが、もうひと手間かけます。

それは、フィギュアの台座の加工です。



最近、当方は台座にこだわってます。

なぜなら、

台座に、ひと工夫するだけでグッと作品が引き立つからなんです。


では早速、作業に入ります。

元々は、プラスチック感ありありの黒い台座です。

サフは吹かず、塗料の食いつきを良くするためと、ヘアラインを再現するため、

台座に600番のヤスリをかけました。


それから、エアブラシでガイア・シルバーを塗装。



最近、このシルバーがお気に入りです♫


ガイア・シルバーが乾いたら、タミヤ・エナメル塗料のフラットブラックに再登場していただきます。

「STARWARS」の文字の凹みのところに、フラットブラックを塗って乾かします。

乾いたら、エナメル溶剤を付けた綿棒で「STARWARS」の文字の表面をこすります。

四隅に☆型のメタルパーツをアクセントして接着しました。

これですべての作業が完了。

台座もいい感じになりました♪






これからもフィギュアのリペイントをいくつか行なっていく予定ですので、お楽しみに。

 

at 23:00, 艦長 TAKAYA, ジオラマ&模型作品 / ジオラマWeb講義

comments(0), trackbacks(0), - -

作品No.77「いまだ、現役」 〜ジョーシンキッズランド「第12回プラモデルコンテスト」 メーカー賞 フジミ賞受賞

2017年12月2日(土)〜3日(日)に、ジョーシンキッズランド本店にて、

「第12回プラモデルコンテスト」が開催され、

 

12月2日に搬入設置を行なってきました。

 

 

 

12月2日の記事はこちら↓

 

ジョーシンキッズランド「第12回プラモデルコンテスト」 搬入編

 

 

 

「サビボロトラック・ジオラマ」と「スチームパンク模型」の2点を出展しました。

 

 

 

 



本日(12月3日)は、15時から審査発表&授賞式の日。

 

 

昼ごろに日本橋に到着し、ボークスへ。

 

ボークスで「模型博覧会2017」が開催しているので、見学に来ました。

 

 

一通り見学してから、ぼっちで昼食へ。

 

 

 

昼食後、ジョーシンでブラブラ模型を見たのちに、3階の会場へ。

 

 


友人たちと作品を見ながら談笑して、時間をつぶしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、15時から、いよいよ授賞式です。

 

 

 

作品総数も多いということは、人も多いということ。

 

激混みの授賞式です。

 

 

 

まずは、メーカー賞の発表です。

 

アオシマ、タミヤ・・・アイウエオ順です。

いよいよ次は、バンダイ賞の発表。

 

 


あれ? 当方の名前が呼ばれない(T_T)

 

そう、密かにバンダイ賞を狙っていた当方。
 

前日に少し凹んでいましたが、今日も凹みました(苦笑)。

 

 

 

 

もう1点の「サビボロトラック・ジオラマ」。

 

これはフジミの模型を主に使っているので、バンダイ賞が無理でも、ひょっとしたらフジミ賞をもらえるかも?

 

な〜んて、搬入の時までは思ってたのですが、

 

サビボロを強調しただけで、ジオラマとしてはインパクトに欠け、

 

竹澤さんのフジミの軍港やその他の作品を拝見して、諦めてました。

 

 

 

 

で、バンダイ賞の次はフジミ賞の発表。

 

「カッ・・・タカ・・・」なんとか・・・。

 

「?」

 

会場のみんなも聞こえなかったようで、会場がザワつきます。

 

改めて、受賞者の発表がありました。

 

 

 

当方やんっ!

 

 

諦めていただけに、驚きと喜びでめっちゃ嬉しかったですね。

 

 

 

 

選考したフジミさんが授賞式のときにおっしゃっていたのが、

 

「タイトルが良かった」。

 

 

この作品のタイトルは「いまだ、現役」。

 

サビボロなのは、今もなおボロボロになりながらも長年使い続けられているトラックたちを表現したため、

 

こうゆうタイトルを付けたのでした。

 

 

実は、これは浜松ジオラマグランプリで金子先生がおっしゃっていたことがヒントになってます。

 

金子先生は、作品タイトルを見てから作品を見るそうです。

 

そして、タイトルの意味することが作品で表現されていると「いいね」と判断されるそうです。

 

 

つまり、タイトルも作品の一部なのです。

 

それぐらいタイトルというものは重要なんですね。

 

それを知ってから、作品のタイトルはしっかりじっくり考えるようになりました。

 

今回、それを実証したということで、タイトルを褒められて、大変嬉しかったです。

 

前回に続き、これもコンテストの受賞ポイントです。



 

 



さて、こちらが受賞作品です。

 



作品No.77-2 「いまだ、現役(第二形態」
 

 

 



 

 

 

 




この作品の正式名称は「いまだ、現役(第二形態」です。

 

今年(2017年)の静岡ホビーショー合同展示会で「サンニイ情景友の会」から出展するために制作したものです。

 

実は、進化の途中なんです。

 

 

 

ちなみに、「いまだ、現役(第一形態」がこちら。




2016年に同じく静岡ホビーショー合同展用に制作したものです。

 

第二形態ではフジミのキャンターを追加し、レイアウト(配置)を変更してあります。

 

 

 

来年は、さらにフォークリフトを1台追加して「第三形態」にする予定です。

 

最終的には、第四形態として倉庫を設置する予定にしてます。

 

毎年、少しずつ手を加えて進化するジオラマ。

 

こうゆうジオラマの楽しみ方もあります。

 

 

 

 

 

 

 

こちらが、フジミさんから副賞でいただいたものです。

 



くまもんはスチームパンクにしてやろうか、などと考えてます(笑)。

 

この信濃はかっこよくて、嬉しいですね。

 

 

 

最後に、フジミさんありがとうございました。

 

また、主点者の皆さま、ジョーシンの皆様、メーカーの皆様、

 

お疲れ様でした&ありがとうございました。

 

at 23:00, 艦長 TAKAYA, ジオラマ&模型作品 / ジオラマWeb講義

comments(0), trackbacks(0), - -

ジョーシンキッズランド「第12回プラモデルコンテスト」 搬入編

2017年12月2日(土)〜3日(日)に、ジョーシンキッズランド本店にて、

「第12回プラモデルコンテスト」が開催されました。








最初は、カーモデルジオラマを新たに作って出そうかと思っていたのですが、

 

1か月で出来るわけもなく、代わりに2点出展することにしました。


 

 

 

 

1点目が、今年の静岡ホビーショー合同展用に作成した「サビボロ・トラック」ジオラマ。
 

 

もう1点が、マイブームのスチームパンクを取り入れたバンダイのメカコレ&ビーグルモデルの模型3つを一体化させた作品。



 

 

 

 

 

 

 

「サビボロ・トラック」ジオラマは、まったく評価されないだろうなぁと思っていて、
 

 

バンダイのスチームパンクモデルズが当方の本命でした。


 

 

 

その本命のバンダイのスチームパンクモデルズは制作に手間取り、搬入当日(12月2日)の朝9時まで、ほとんど徹夜で制作してました。
 

 

もう少し手を入れたかったのですが、タイムアウト!
 

 

急いで着替えて、電車に飛び乗り、受付終了5分前にジョーシンに到着しました。


 

 

 

ふぅ〜っ、なんとか間に合った(大汗



受付番号No.215とNo.216。

当方のあとに1名来られていたので、総出展数217点。

すごい応募数です(@_@;)






 

 

 

 

 

受付を済ませてから、作品撮影。
 

 

それから設置作業を行ないました。

もう展示スペースが満杯で、急きょ作られた出島のようなスペースに設置。


 

 

 

 

 

以下の写真が設置後の作品です。

 




作品名:「我らバンダイ・スチームパンカーズ」






作品名:「いまだ 現役」。

 





設置を終えて、写真を撮ってると、

おじさんが、でかいプロペラ戦闘機の模型を持って、店員さんにどこに置いたらいいか聞いてました。

※ちなみに、人から見れば、当方も立派なおじさんです(笑)


当方の作品の隣しか設置スペースが空いてないので、店員さんが「ここに」と。

そのおじさん、模型を置いて、そばにいた店員にひとこと。

「私の作品がデカくて、周りの作品が目立たなくなってしまいますね」。
 

 



大きなお世話です。

展示会ではないので、デカけりゃいいってもんではないでしょ。


 

 



これまで何年も展示会やコンテストを見ていると、大体受賞するだろうなぁと思う作品が受賞してます。

それは大きさではなく、作り込みの激しさだったり、見せ方の上手さがポイントなんです。

 



余談ですが、

模型単体をポンッと展示スペースに置いている方がいらっしゃいますが、あれでは受賞は出来ないでしょう。

最低限、木板の上に作品を置くべきです。

さらに、作品タイトルのプレートを貼り付けた方が良いです。

コンテストなんですから、ひと手間かけて「見栄え」を良くしないと、いくら制作技術が高く素晴らしくでも評価は低いと思います。

本気で受賞したいのなら、「審査員に『見せる(魅せる)』」ということを意識して展示をする必要があると思ってます。

現に、これまでのコンテストの受賞作品を見ても、模型単体だけで受賞している方はほとんどいらっしゃらないのでは?と、当方は感じています。





話しを戻します。

設置が終わった後、全出展作品を写真撮影しながら拝見しました。

今回も超絶な上手さの作品が相当出展されてました。


「こりゃ、(受賞は)あかんな」




バンダイ賞を密かに狙っていた当方は、少し凹みました(苦笑)。







前日に設置をした友人が見学に来てたので、一緒に遅い昼食を取り、寄り道をして帰りましたとさ。



さて、結果は?

ジョーシン キッズランド「第12回プラモデルコンテスト」2日目 に続く。

 

at 23:00, 艦長 TAKAYA, ジオラマ&模型作品 / ジオラマWeb講義

comments(0), trackbacks(0), - -

「哀愁のガチャーネン with スチームパンク」 〜関西マシーネンの会2017 MAX渡辺賞受賞

2017年11月12日(日)に開催された

 

「関西マシーネンの会 2017」

 

 

 

初めて参加しました。

 

参加者が多く、受付するのに30分ほどかかりましたが、

 

コンペ代の350円と参加費(カンパ代)500円の計850円を払い、受付終了。

 

 

 

 

 

コンペのコーナーに行き、無事に作品を設置しました。

 

 

しか〜し、この直後に悲劇が。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設置が終わり、一安心してそばにいた友人たちと談笑していると、

 

「ゴトッ!」という音が聞こえました。

 

振り返ると、当方の作品が倒れ、パイプ類が割れていました。

 

 

 

 

 

 

ガ〜ンッ! (@_@;)

 

 

もう頭真っ白。

 

顔は真っ青。

 

 

 

 

 

 

倒れた原因は、隣に設置しようとした参加者が梱包箱で当方の作品を倒したせいでした。

 

展示会ならまだしも、これからコンペの審査をする作品を壊すかぁ!

 

 

 

あまりにも無神経な参加者に怒りが爆発しそうになりましたが、

 

謝ってきたので、怒りをグッとこらえて修復作業を行ないました。

 

何かあったときの用心のため、瞬着を持ってきたのが幸いでしたね。

 

修復部分の継ぎ目がバレバレですが、とりあえずは修復できました。

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直して、出展参加作品の鑑賞。

 

これだけマシーネンが揃っているのを初めて観ましたが、人それぞれ思い思いのマシーネンの世界が作られていました。

 

ホント、自由な世界観だなぁ。

 

そんなマシーネンの世界に魅かれてしまいました。

 

 

 

 

 

友人たちと食事に行ったり、談笑している間に時間が過ぎ、授賞式が始まりました。

 

横山先生が選んだ作品が次から次へと発表されていきます。

 

それも女性ばかり。

 

当方も女装して女性の名前で応募すれば良かった(^_^;)

 

 

 

次にMAX渡辺さんが選んだ作品10点の発表がありました。

 

なんとっ! 当方の作品も選ばれたのでした。

 

ワーイッ!!

 

もうめっちゃ嬉しかったですね。

 

表彰状はありませんでしたが、記念撮影をして、景品をいただきました。

 

 

 

※写真提供:松本セローさん

 

 

景品もいろいろあって目移りしてしまいます。

 

高いから買えないマシーネンのプラモにしようかと思ったとき、MAX渡辺さんが「これ便利でいいよ」と進めてくれたものにしました。

 

 

それが、コレ。

 

 

プラ材をカットするツールです。

 

けっこう自作することが多いですし、これは役に立ちそうです。

 

 

 

 

 

あとで友人のイッチーさんから聞いたのですが、

 

MAX渡辺さんが作品を選んでいるとき、当方の作品を気に入ってくれてたそうです。

 

 

その友人が撮影した写真。

 

MAX渡辺さんが当方の作品を撮影しているところです。

 

 

※写真提供:イッチーさん

 

 

 

5月からコツコツと作り込んだ作品なので、自分でもとても気に入ってましたし、

 

さらに作品を評価して選んでいただけたことが一番嬉しかったですね。

 

トラブルがありましたが、終わりよければすべて良し!です。

 

 

MAX渡辺さん、ありがとうございました。

 

また、横山先生、参加者の皆さん、スタッフの皆さん お疲れ様でした&お世話になり、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

最後に、完成した全体像をお届けします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでの制作記へのリンクです。

 

順を追って読んでいただくと、制作の過程が良くお分かりいただけます。

 

 ・ 「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記1〜 購入編

 

 ・「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記2〜 鋳造表現編

 

 ・「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記3〜 塗装編

 

 ・「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記4〜 サビボロ加工編

 

 ・「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記5〜 ジオラマベース編

 

 ・「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記6〜 ジオラマ本体編

 

 ・「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記7〜 最終形態1 スチームパンク台座編

 

 ・「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記8〜 最終形態2 完成編

 

 

※製作途中でスチームパンクを取り入れることにしたため、

 

 正式な作品名は「哀愁のガチャーネン with スチームパンク」です。

 

 

at 23:00, 艦長 TAKAYA, ジオラマ&模型作品 / ジオラマWeb講義

comments(0), trackbacks(0), - -

フジミ模型 ちび丸ミリタリーシリーズNo.03 3・1/2tトラック  完成

フジミのちび丸ミリタリーシリーズ。

 

どれもデフォルメされてて、とても可愛らしいですね。

 

 

 

これまで

 

ちび丸ミリタリーNo.1の10式戦車 と、

 

ちび丸ミリタリーNo.2の10式戦車ドーザー付き

 

の2台制作し、

 

 

 

これから、ちび丸ミリタリーNo.3の3・1/2tトラック を制作していきます。

 

 

 

 

 

 

部品点数も少なく、接着剤もいらず、サクサクッと出来上がります。

 

※当方は流し込み接着剤を使用して、接着してます。

 

 

 

 

 

 

 

タイヤだけ接着部分のミゾが気になるため、加工しました。

 

と言っても、特別なことをするのではなく、

 

溶きパテを塗って乾いたらパテを削るだけです。

 

 

 

工程は、

 

タイヤのミゾに溶きパテを塗り、ミゾを塞ぐ

 

丸ヤスリ棒と、ガイアノーツのセラミックブレードで削るだけ。

 

 

 

セラミックブレード(正式名称:ガイアノーツ G-12 マイクロセラブレード )は、ヤスリです。

 

当方にとって模型を作るときには、必須のツールになってます。

 

力を入れ過ぎると、セラミックの刃が折れてしまいますが、

 

慣れてくると力加減が分かってきます。

 

コツは、一気に削ろうとせずに、力を抜いて少しずつ削っていくと良いでしょう。

 

イレギュラーな使い方ですが、スジ彫りにも使用してます。

 

お勧めのツールです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイヤの加工が終わってから、エアブラシで塗装しました。

 

 

フラットブラウンを塗ってから、シャドウ吹きの要領でフラットブラックを塗りました。

 

通常はグリーン系を塗ると思いますが、その辺はデフォルメ模型ですので、自由気ままに着色しました。

 

 

 

こちらが完成写真です。

 

 

 

 

タイヤと車体下部のみウェザリングを施してあります。

 

 

 

 

デフォルメ好きな方には、特にお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、これからちび丸ミリタリー3台を展示するためのジオラマ制作に映ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 23:00, 艦長 TAKAYA, ジオラマ&模型作品 / ジオラマWeb講義

comments(0), trackbacks(0), - -