Dio☆Hobbyネットショップ


      ⇑⇑⇑⇑⇑ 艦長TAKAYAが運営しているネットショップです ⇑⇑⇑⇑⇑


当ブログで行なっている「初心者向けWebジオラマ講座」の検索ガイドをDionavi内のページに設けてあります。
ご活用ください。

  ★ 初心者向けWebジオラマ講座ガイド ★




作品No.80 MINI ザ・ラリー掘,箸喀个抗本シリーズ<渡河編> 第16回タミヤ・モデラーズコンテスト受賞作品

2017年3月11〜12日に、ジョーシンキッズランド本店で開催された

「タミヤ 第16回モデラーズコンテスト」用に作成した出展作品です。







おかげ様で、「佳作賞」を受賞しました。




佳作賞の盾と副賞のゼロ戦プラモデル









制作途中の写真は一切ありませんので、この作品のプランやコンセプトなどの概要を記載したいと思います。



この作品は「MINI ザ・ラリー」シリーズ三部作の第二弾です。

本当は「MINI ザ・ラリー供廚函△海痢MINI ザ・ラリー掘廚裡穏酩覆鬘韻弔虜酩覆箸靴峠佚犬垢詬縦蠅世辰燭里任垢、

この作品に手間取り「MINI ザ・ラリー供廚寮作が間に合わなかったのです。



この作品を具体的にプランニングしたのは、約1年ほど前ですが、

それまでに伏線があるのです。

※プランニング(コンセプト企画)は1年ほど前ですが、制作は去年の12月からで3か月ほどかかけて作成しました。




この作品を作るきっかけとなったのが、以下の写真です。

当方はラリーカーが好きで、よくFacebookやWebでラリーカーの写真を見てるんです。


※写真はネットからの拾い物です。


迫力があるぅ〜。

というわけで、水しぶきを取り入れた作品を作ろうと思い立ったのです。

それが2015年春ごろ。

その頃、制作を始めた「MINI ザ・ラリー機廚忙邯嚇に取り入れてみました。





「MINI ザ・ラリー機廚2015年11月に完成し、

ジョーシンキッズランド本店で行なわれた「第10回プラモデルコンテスト」に出展。

遠近法や水しぶきを取り入れ、躍動感ある作品とのことで「タミヤ賞」をいただきました。




「MINI ザ・ラリー機廚寮作記等の記事は、以下をご覧ください。
http://blog.dionavi.main.jp/?page=3&cid=6





この水しぶきを発展させたのが、今回の「MINI ザ・ラリー掘廚覆里任后

水しぶきが飛び出すように表現できたら面白いな。

それが最初の思いつき。

「飛び出す」から「とび出す絵本」につながり、それがこの作品の大元のコンセプトとなりました。

「MINI ザ・ラリー」シリーズの基本である遠近法も取り入れてあります。




どうせなら、ジオラマベースを絵本にしよう。

正面から観ると分からないですが、

実は本物の絵本から飛び出したジオラマにするため、ジオラマベースは絵本になってます。


※ジオラマの裏側


作品の裏側なので、たぶん気付いてもらえないだろうなぁと思い、

作品タイトルカードとして、作品の下に縮小印刷したものを置いておきました。





元の画像は、こちらです。



使い慣れたフォトショップを利用して、絵本の表紙を作成してジオラマベースに貼り付けました。




この作品は、今年2017年の静岡ホビーショーの合同展示会(サンニイ情景友の会)とモデラーズフェスティバル(開催未定)で展示予定です。



よろしければ、以下の記事もご覧ください。

 

 

 

ジョーシンキッズランド本店 タミヤワールド 第16回モデラーズコンテスト 出展作品


ジョーシンキッズランド本店 タミヤワールド 第16回モデラーズコンテスト 受賞作品

 

at 23:00, 艦長 TAKAYA, ジオラマ&模型作品 / ジオラマWeb講義

comments(0), trackbacks(0), - -

バンダイ メカコレクション・マクロスシリーズNo.07 マクロス・エリシオン要塞型 制作記

マクロス・エリシオン要塞型

 

 

 

FBプラモデル愛好会で、この作品が何点か掲載されていました。

 

マクロスは初期しか知らない当方は、これを見て

 

 

めちゃ、かっこいい!

 

 

と思ったわけです(笑)。

 

 

 

貧乏な当方でもすぐに買える安さ。

 

速攻で買いに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

バンダイのメカコレは、1時間ぐらいで組める簡単さです。

 

サクサクッと作成。

 

 

 

サフを吹いて、乾燥させました。

 

 

 

 

 

サフを吹いたのは、もちろん彩色するためなのですが、

 

ミキシングロボを作るのに夢中で、すっかり存在を忘れてました。。。

 

 

 

 

ミキシングロボにサフを吹き終えたあと、

 

そういや、マクロス・エリシオン要塞型にサフを吹いたままだった。。。

 

と思い出し、彩色することにしました。

 

 

 

 

まずはベース色の青色。

 

艦底部はヤマトのように赤色に彩色。

 

 

 

 

 

なぜこんなド派手な色にしたかというと、

 

シャドウ吹きを応用して、上から薄い艶消しブラックで暗くしてやろうと思っているからです。

 

 

さて、上手くいくのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果は、こうなりました。

 

 

ウィングのようなところは、もっと青くするつもりだったのですが、ちょっと遒鮨瓩すぎてしまいました。

 

 

 

 

艦底部の赤はイメージ通り。

ちょっと写真が暗いですが。。。

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルのエリシオン要塞型を知らないため、

 

パッケージの絵を参考に、好き勝手に塗ってあります。

 

 

 

 

 

 

エンジンノズルは、カッパー色を筆塗りしました。

 

 

 

 

 

1か所だけ、加工をしてあります。

 

アンテナか何か知りませんが、逆三角形したものの真ん中をくり抜いてあります。

 

パッケージの絵を見ていたら模型とは異なっていたため、パッケージの絵を参考に加工しました。

 

 

 

 

それにしても、このデザインはかっこいいですね。

 

30cmぐらいの模型が販売されたら、ぜひ作ってみたいです。

 

 

at 23:00, 艦長 TAKAYA, ジオラマ&模型作品 / ジオラマWeb講義

comments(0), trackbacks(0), - -

ミキシングビルド「ガトリング・デストロイヤー」制作記 〜ミキシング編

 

 

 

ミキシングビルドについては、

 

昨日お話ししました。

 

 

 

 

2015年5月に初めてミキシングビルドで宇宙船を完成させてからも、いろいろとミキシングビルドをやってました。

 

実は3つほど(宇宙戦艦1隻と宇宙戦闘機2機)を途中まで組んであるのです。

 

 

しか〜し、

 

気が向かないと手が動かない性分のため(笑)、これらはずっと放置状態のまま。

 

まぁ当分、気が向かないでしょうね(苦笑)。

 

 

 

 

と言うのも、今は宇宙船よりもロボットが作りたい心境なんです。

 

なぜかしら、11月中旬に行なわれたモデフェスが終わってから、急にミキシングロボットを作りたくなったのです。

 

 

 

 

 

まずは、模型の軸となるパーツを探しました。

 

ミキシングビルドを行なう際は、初めに「軸(本体部分)」となるものを作り、そこからいろいろなパーツを付けていきます。

 

 

大量のジャンクパーツから、「マクロス デストロイドモンスター」のボディと足先を発見。

 

このボディを軸にすることにしました。

 

でも、ボディのイメージが湧かなかったため、先に脚部の制作を行ないました。

 

デストロイドモンスターの足先にガンプラの足を適当に組み合わせます。

 

 

それから毎日ちょっとずつパーツを取り付けていきました。

 

友人たちからいただいたデストロイドモンスターやAFV、ガンプラのジャンクパーツと、自分が持っているAFVや戦闘機、宇宙戦艦ヤマトのジャンクパーツを使用してます。

 

 

 

ジャンクパーツは、

 

・模型を作ったときの余剰パーツを残しておく

 

・作らない模型からパーツを取る

 

・中古屋さんで格安の模型をミキシング用に買う

 

・静岡ホビーショーなどで1袋100〜200円ぐらいのジャンクパーツを買い集める

 

・友人からジャンクパーツをもらう

 

などの方法で集めました。

 

 

 

 

脚部がほぼ完成し、次にボディの制作に取り掛かります。

 

後部はメカをムキ出しにして、無骨な感じにしました。

 

 

 

同時に、砲塔のガトリングガンの部分も制作していきます。

 

最初はダブル・ガトリングにする予定だったのですが、あまりにもボディ上部がデカくなりすぎたので、

 

新たに細見のガトリングガンを制作し直しました。

 

 

 

ボディの大まかな制作が終わった頃に脚部を接着。

 

普通のプラモ用の接着剤を使用したのですが、強度が弱かったようです。

 

ボディの細かい作業をしている間に、脚部が取れてしまいました。

 

こうゆう場合は、「エポキシ接着剤」に限ります。

 

かなりしっかり接着できます。

 

が、瞬着と同じく衝撃には弱いで注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

ボディやイメージに合うジャンクパーツを探しながら、さらにパテ埋めやパーツ加工などを行ないながら、

 

毎日少しずつパーツをくっ付けていきました。

 

 

 

 

そして、ようやく1か月半後の昨日にミキシングビルドを完了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ミキシングビルドに組立て説明書なんてありません。

 

自分の感性のまま好きなようにバランスを考えてパーツをくっ付けていくだけです。

 

これがすごく楽しいのです。

 

 

 

さて、これから彩色を行なっていきます。

 

 

at 23:00, 艦長 TAKAYA, ジオラマ&模型作品 / ジオラマWeb講義

comments(0), trackbacks(0), - -

ミキシングビルドとメタリック塗装について

ミキシングビルド。

 

 

 

ミキシングビルドとは、

 

いらない模型や模型の余ったバーツ(ジャンクパーツ)、身の周りにあるものを使ってオリジナルの模型を作ることです。

 

 

 

 

 

当方は宇宙メカが大好きでして、

 

Facebookでも宇宙メカを扱ったFacebookページを良く見てます。

 

それらの画像を見ながら、オリジナルのメカを考えるのが楽しいですね。

 

 

 

 

 

2015年5月に初めてミキシングビルドで作品を作りました。

 

それが「1/35 宇宙汎用戦闘機 アルファ号」です。

 

 

 

 

ミニ四駆のトラックをベースに、戦闘機やヤマト・ガンプラのジャンクパーツ、廃材などをフォースに導かれるままに(笑)接着して制作しました。

 

 

 

本当はメタリックの赤にしたかったのですが、失敗してしまい、ピンク色になってしまいました(泣)。

 

メタリックの塗装も初めてだったことが失敗の原因ですね。

 

 

メタリックの塗装をするには、

 

・ベースに黒を塗る

 

・その上からシルバーを塗る

 

これが基本です。

 

 

メタリックの赤にするため、当方は黒→シルバーの上からクレオスのメタリックレッドを塗装しました。

 

そうしたら、写真のようなピンク色になってしまったわけです。

 

 

友人たちから、このピンクメタリックの上からクリアレッドを塗ればいいんじゃない?

 

とアドバイスを受けました。

 

結局、そのまま放置しているため結果は分かりませんが、たぶんクリアレッドを塗ればメタリックレッドになると思われます。

 

 

 

 

以前、モンキーを作ったときにメタリックレッドにしました。

 

このときは、黒→シルバー→クリアレッドを塗ってます。

 

 

 

 

このモンキーを塗ったときに思ったのが、

 

なんだ、クレオスのメタリックレッドを使わなくても、シルバーの上からクリアレッドを塗ればメタリックレッドが再現できるやん!

 

 

う〜ん、クレオスのメタリックレッドがまだ残ってる。

 

どうしましょうか???

 

 

 

 

 

 

ミキシングビルドについて書こうと思ったら、メタリックの話になってしまいました(笑)。

 

タイトル変えなきゃ・・・

 

 

 

 

次回は、現在作成中のミキシングビルドについて書きたいと思います。

 

 

at 23:00, 艦長 TAKAYA, ジオラマ&模型作品 / ジオラマWeb講義

comments(0), trackbacks(0), - -

F-toys 1/24ヴィンテージバイクキットVol.2 スズキGSX1100Sカタナ 制作記

スズキGSX1100Sカタナ


※写真はネットからの拾い物です。問題がある場合は、ご連絡ください。



この独特なデザインは、今でもファンが多いことでしょう。

かくいう当方も大好きなバイクの1台です。



そのカタナが、F-toysからヴィンテージバイクキット(半完成)の第2弾として販売されています。

このキットのいいところは、スケールが1/24。

つまり、カーモデルと合わせてジオラマに出来るのです。

もう買うしかない!


というわけで、速攻で買いました(笑)。

 

 








全8種類で、ブラインドパックになってます。

「シルバータイプならどれでもいいや」と思って、とりあえず2個買ったら、

2個とも「04」の赤いヤツでした(T_T)



こんなこともあるのか!




己のクジ運の悪さを嘆きながらも、気を取り直して1台作ることにしました。




もう1台「04」があるので、最初の1台目はオリジナルカラーにしてやろうと思い、

・フレームをシルバーから赤色に筆塗りでカラー変更

・シートの後ろの色が気に食わなかったので、ダークシーグレーに筆塗りでカラー変更

しました。




ついでに、ウィンカーとテールライトにクリアオレンジとクリアレッドを上からそれぞれ着色してます。



ナンバープレートのデカールを失敗してます(T_T)

貼ったときは、きちんと貼れていたのですが、いろいろいじっている間にナナメってしまったようです。

それに気付かず、固着されてしまいました。

修正しようとしてもうまく行かず、写真のような状態になってます。。。

ジオラマ化する際に、新しいナンバープレートを自作して貼り付けようと思います。










我ながら、かっこいいカラーリングになったわい。

と喜んでます♫



ちなみに、チェーンはウェザリングカラーを塗って、オイル汚れを演出してあります。






ところで、

このキットは半完成品なので、サクッと作れるかと思ったら、

これがけっこう手強い相手でしたね(苦笑)。


まず、タイヤホィールを金属シャフトを挿入して固定します。

この金属シャフトを付属の棒を使って入れるのですが、それなりに力がいります。

キットが壊れる可能性があるので、挿入にはかなり気を使いましたね。



さらに、このキットの致命的な部分がパーツ割り。

オイオイ、ガソリンタンクを左右に分割するか?

接着しないと裂け目が見えるので、流し込み接着剤を流したあと、グッと押し付けて接着。

 

接着部分を2000番のヤスリで削ってから塗装。

 

しかし、同じ赤を再現できず、赤ラインのように塗装しました。

 

 

 

サイドスタンドで立てる場合は、接着する必要があります。

 

しかし、強度に問題ありそうだなと思い、サイドスタンドは収納した状態で接着しました。

 

センタースタンドも接着した方が良さそうですね。

 

接着しないと自重でナナメっちゃいます。

 

 



まぁ、なんだかんだと注文を付けたくなるキットですが、

 

1/24スケールのバイクは、なかなか手に入らないので、良しとしましょう。

 

 

これからも、このシリーズをいろいろと販売して欲しいですね。





余談ですが、第1弾は

 

「カワサキ GPZ900R」です。

 


 

at 23:00, 艦長 TAKAYA, ジオラマ&模型作品 / ジオラマWeb講義

comments(0), trackbacks(0), - -