Dio☆Hobbyネットショップ


      ⇑⇑⇑⇑⇑ 艦長TAKAYAが運営しているネットショップです ⇑⇑⇑⇑⇑


当ブログで行なっている「初心者向けWebジオラマ講座」の検索ガイドをDionavi内のページに設けてあります。
ご活用ください。

  ★ 初心者向けWebジオラマ講座ガイド ★




<< フジミ ちび丸ミリタリーNo.1 10式戦車 〜制作記・塗装について | main | モデラーズフェスティバル2016 〜DMC出展 >>

フジミ ちび丸ミリタリーNo.2 10式戦車ドーザー付き 〜制作記・塗装について

先日、完成した「ちび丸 10式戦車」ですが、

同時に、もう1輌を制作してました。

それが、「ドーザー付きのヒトマル」です。

10式戦車の前に、ブルドーザーのようなドーザーが付いている模型です。








では、制作記です。

基本の流れは、先日書いた「ちび丸 10式戦車」に準じています。

ここではモノトーン迷彩をメインに述べますので、

それ以外の詳細については

「フジミ ちび丸ミリタリーNo.1 10式戦車 〜制作記・塗装について」


をご覧ください。



ただし、このドーザー付きでは「マーキングシール」と「フィルタリング」は行なっておりません。

いずれも、せっかくのモノトーン迷彩を活かせられないと判断したためです。

★理由

・マーキングシール → シールの段差に視点が行くため

・フィルタリング → せっかくのモノトーン塗装が暗くなってしまうため




では、塗装の流れを述べていきましょう。


「モノトーン迷彩」

ずっと、この塗装に憧れていました。

今回、模型が小さい(マスキングの面積が狭い)こともあり、チャレンジしてみました。



最初に、下地処理のために「薄いグレーのサーフェーサー」をスプレーし、

ベース色にタミヤ・アクリル塗料の「ダークシーグレー」に「フラットホワイト」を混ぜた塗料をエアブラシ。


ここからは、マスキング地獄です(苦笑)。



「フラットホワイト」を塗るため、車体にマスキングテープをひたすら貼り付けていきます。

マスキングテープを貼ってない所が「白」になるわけですが、貼り初めにこんがらがってました(苦笑)。

仕事から帰宅してからの作業のため、ここまで3〜4日かかりました。




で、タミヤ・アクリル塗料の「フラットホワイト」を塗装。

こんな感じになりました。









このままでも悪くないですが、アクセント的に限りなく遒剖瓩ぅ哀譟爾鯏匹襪燭瓠

再び、マスキングテープ貼りの地獄を味わいます(笑)。



また、3日ほどかけてマスキングテープ貼りが終了。

今度は、タミヤ・アクリル塗料の「ダークシーグレー」に「フラットブラック」を混ぜ合わせた濃いグレーを塗りました。




冒頭に記載したように「マーキングシール」と「フィルタリング」を省略し、

クレオス・ウェザリンカラーで「スミ入れ」を行ないました。


前回の「ちび丸 ヒトマル」と同じやり方ですが、スミ入れの色合いを変えてあります。

「ちび丸 ヒトマル」は、「ステインブラウン」をベースに「マットブラック」を少し混ぜた色。

「ちび丸 ドーザー付きヒトマル」は、「マットブラック」をベースに「ステインブラウン」を少し混ぜた色。

それぞれ車体色に合わせて、調合を変えてあります。





最後の「ドライブラシ」は、ウェザリングカラーを使用せず、パステルを水で溶いたものを塗ってあります。







かなり苦労して塗装した作品で、我ながら3色モノトーン迷彩の出来にとても自己満足しています。
















最後は、先日のヒトマルとのツーショット。






 

at 23:00, 艦長 TAKAYA, ジオラマ&模型作品 / ジオラマWeb講義

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.dionavi.main.jp/trackback/268