Dio☆Hobbyネットショップ


      ⇑⇑⇑⇑⇑ 艦長TAKAYAが運営しているネットショップです ⇑⇑⇑⇑⇑


当ブログで行なっている「初心者向けWebジオラマ講座」の検索ガイドをDionavi内のページに設けてあります。
ご活用ください。

  ★ 初心者向けWebジオラマ講座ガイド ★




<< 「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記2〜 鋳造表現編 | main |

「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記3〜 塗装編

前回は、パテを使用して鋳造表現を行ないました。


※前回の記事は、こちら↓

「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記2〜 鋳造表現編






パテが乾いたので、下地塗装と本塗装を行なっていきます。

実は作業に夢中になってしまい、写真を撮ってなかったため、文章のみになりますm(__)m


1.仕上がったときにサビボロの状態にするため、まずは「オキサイドレッド」のサフを塗装。

 

 各パーツごとに塗装していきます。

2.マスキングゾルを塗る

 これは塗料を剥がしたいと思っている部分に塗ります。

 そうすると、塗料を剥がしたときに下地のオキサイドレッドが現れます。

 また、塗装剥がれの浮き上がった状態を再現できます。

3.本体のメインカラーをシルバーにするため、ツヤありブラックを塗装。

4.ガイアカラーのシルバーを塗装。

 

5.パイプとジェットノズル以外のパーツを仮組(接着はしません)

6.迷彩色にするため、マスキングガムを貼り付ける。

7.クリアブルーを塗装。

 ブルーメタリックになります。

8.シルバーとブルーメタリックが綺麗すぎたため、ブルーメタリックの上からツヤ消しブラックを薄く塗装。

 サビボロにするためには、色が鮮やかすぎました。

 明るいというより「鮮やか」すぎて、錆が引き立たないと思ったからです。

 

9.仮組を一旦バラし、.パイプとジェットノズル以外のパーツを接着剤で接着。

10.デカールを貼り、トップコートの半ツヤクリアで保護。


これでロールアウトされた状態が出来上がりました。





では、綺麗な状態のガチャーネンです。










鋳造表現の加工を行なったため、表面が凹凸のある金属っぽい感じになっているのが、お分かりいただけるでしょう。


補足:見る角度によって色の変化を楽しんでいただこうと思い、ツートーンカラーにしました。





さぁ、これからサビボロの加工を施していきます。



「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記4〜 サビボロ加工編 に続く。

 

at 23:00, 艦長 TAKAYA, ジオラマ&模型作品 / ジオラマWeb講義

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.dionavi.main.jp/trackback/296