Dio☆Hobbyネットショップ


      ⇑⇑⇑⇑⇑ 艦長TAKAYAが運営しているネットショップです ⇑⇑⇑⇑⇑


当ブログで行なっている「初心者向けWebジオラマ講座」の検索ガイドをDionavi内のページに設けてあります。
ご活用ください。

  ★ 初心者向けWebジオラマ講座ガイド ★




<< モデラーズフェスティバル2017 〜DMC出展報告 | main | ジョーシンキッズランド「第12回プラモデルコンテスト」 搬入編 >>

「哀愁のガチャーネン with スチームパンク」 〜関西マシーネンの会2017 MAX渡辺賞受賞

2017年11月12日(日)に開催された

 

「関西マシーネンの会 2017」

 

 

 

初めて参加しました。

 

参加者が多く、受付するのに30分ほどかかりましたが、

 

コンペ代の350円と参加費(カンパ代)500円の計850円を払い、受付終了。

 

 

 

 

 

コンペのコーナーに行き、無事に作品を設置しました。

 

 

しか〜し、この直後に悲劇が。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設置が終わり、一安心してそばにいた友人たちと談笑していると、

 

「ゴトッ!」という音が聞こえました。

 

振り返ると、当方の作品が倒れ、パイプ類が割れていました。

 

 

 

 

 

 

ガ〜ンッ! (@_@;)

 

 

もう頭真っ白。

 

顔は真っ青。

 

 

 

 

 

 

倒れた原因は、隣に設置しようとした参加者が梱包箱で当方の作品を倒したせいでした。

 

展示会ならまだしも、これからコンペの審査をする作品を壊すかぁ!

 

 

 

あまりにも無神経な参加者に怒りが爆発しそうになりましたが、

 

謝ってきたので、怒りをグッとこらえて修復作業を行ないました。

 

何かあったときの用心のため、瞬着を持ってきたのが幸いでしたね。

 

修復部分の継ぎ目がバレバレですが、とりあえずは修復できました。

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直して、出展参加作品の鑑賞。

 

これだけマシーネンが揃っているのを初めて観ましたが、人それぞれ思い思いのマシーネンの世界が作られていました。

 

ホント、自由な世界観だなぁ。

 

そんなマシーネンの世界に魅かれてしまいました。

 

 

 

 

 

友人たちと食事に行ったり、談笑している間に時間が過ぎ、授賞式が始まりました。

 

横山先生が選んだ作品が次から次へと発表されていきます。

 

それも女性ばかり。

 

当方も女装して女性の名前で応募すれば良かった(^_^;)

 

 

 

次にMAX渡辺さんが選んだ作品10点の発表がありました。

 

なんとっ! 当方の作品も選ばれたのでした。

 

ワーイッ!!

 

もうめっちゃ嬉しかったですね。

 

表彰状はありませんでしたが、記念撮影をして、景品をいただきました。

 

 

 

※写真提供:松本セローさん

 

 

景品もいろいろあって目移りしてしまいます。

 

高いから買えないマシーネンのプラモにしようかと思ったとき、MAX渡辺さんが「これ便利でいいよ」と進めてくれたものにしました。

 

 

それが、コレ。

 

 

プラ材をカットするツールです。

 

けっこう自作することが多いですし、これは役に立ちそうです。

 

 

 

 

 

あとで友人のイッチーさんから聞いたのですが、

 

MAX渡辺さんが作品を選んでいるとき、当方の作品を気に入ってくれてたそうです。

 

 

その友人が撮影した写真。

 

MAX渡辺さんが当方の作品を撮影しているところです。

 

 

※写真提供:イッチーさん

 

 

 

5月からコツコツと作り込んだ作品なので、自分でもとても気に入ってましたし、

 

さらに作品を評価して選んでいただけたことが一番嬉しかったですね。

 

トラブルがありましたが、終わりよければすべて良し!です。

 

 

MAX渡辺さん、ありがとうございました。

 

また、横山先生、参加者の皆さん、スタッフの皆さん お疲れ様でした&お世話になり、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

最後に、完成した全体像をお届けします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでの制作記へのリンクです。

 

順を追って読んでいただくと、制作の過程が良くお分かりいただけます。

 

 ・ 「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記1〜 購入編

 

 ・「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記2〜 鋳造表現編

 

 ・「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記3〜 塗装編

 

 ・「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記4〜 サビボロ加工編

 

 ・「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記5〜 ジオラマベース編

 

 ・「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記6〜 ジオラマ本体編

 

 ・「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記7〜 最終形態1 スチームパンク台座編

 

 ・「哀愁のガチャーネン」〜1/35ガチャーネン・ジオラマ制作記8〜 最終形態2 完成編

 

 

※製作途中でスチームパンクを取り入れることにしたため、

 

 正式な作品名は「哀愁のガチャーネン with スチームパンク」です。

 

 

at 23:00, 艦長 TAKAYA, ジオラマ&模型作品 / ジオラマWeb講義

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.dionavi.main.jp/trackback/299