Dio☆Hobbyネットショップ


      ⇑⇑⇑⇑⇑ 艦長TAKAYAが運営しているネットショップです ⇑⇑⇑⇑⇑


当ブログで行なっている「初心者向けWebジオラマ講座」の検索ガイドをDionavi内のページに設けてあります。
ご活用ください。

  ★ 初心者向けWebジオラマ講座ガイド ★




<< スチームパンク・ミレニアムファルコン 〜バンダイ ビーグルモデル006 | main | 「哀愁のガチャーネン with スチームパンク」 〜関西マシーネンの会2017 MAX渡辺賞受賞 >>

モデラーズフェスティバル2017 〜DMC出展報告

仕事が多忙で、時間があればコンペ用の作品作りを行なってため、

すっかりブログの更新を忘れてました。


さらに、モデフェスの出展報告をブログでしていたつもりが、まったくしてなかったことに気付きましたm(__)m

ちなみに、FB版Dio☆navi ~ジオラマなびでは報告済みです。

Web活動の中心がFacebookなので、ぜひFB版Dio☆navi ~ジオラマなびを「いいね」してからご覧ください。







さて、2017年11月4日(土)〜5日(日)に開催されたモデラーズフェスティバル。

今年で3回目です。

当方が主催のジオラマ制作クラブ「Dio☆Modeler's Club(通称:DMC)も、3回目の出展になります。

主メンバーの当方と森さん、DMCフレンズとしてゲスト参加していただいた松家ヤネオさんと大原さんの4名の作品を展示しました。

去年からは、ジオラマにこだわらず、模型単体の展示も行なっています。

 

 

 

 

ブースの展示状態です。

 

 

鉄道模型ジオラマ、ガンプラやスターウォーズのキャラクター、カー&バイクモデル、AFVなど幅広いジャンルの作品を展示しました。

 

 

 

 

 

 

 

今年のメイン展示作品は、DMCフレンズとして参加していただいた「松家ヤネオさん」の鉄道模型レイアウト。

 

 

読み通り、大注目の作品となり、老若男女問わずお客様に人気でした。

 

昭和を感じさせる情景、実際に電車模型が走る風景が人気のポイントだったと思います。

 

参加していただいたことに、大変感謝しております。

 

 

 

 

次の作品もDMCフレンズとしてゲスト参加してくださった大原さんの作品です。

 

 

RG ユニコーン。

 

2日ほどで仕上げた一品です。

 

 

 

 

 

 

次は当クラブの主メンバーの森さんの作品を2点。

 

 



バンダイのミレニアムファルコンに時計を仕込んだ作品は、かなりの驚きがあり、観客を釘づけにしていた大人気の作品でした。


ホント、この発想はユニークで素晴らしかったです。

 

今後さらに改良されるそうで、来年のモデフェスで最終完成品が見られることでしょう。





残りの作品は、スペースを埋めるため、当方の作品を多数出展しました。

 



2年前にも出展した鉄道模型モジュールレイアウト。

 

 

 

 




ガンタンク、モンキー、MINI ザ・ラリー気裡嚇世狼酣も出展した作品です。

 

 

 

以下は、新作です。

 

 

ちび丸ミリタリーを使用したデフォルメジオラマ。

 

 

 

 

F-Toys 1/24スズキ刀。

 

素組が2台とリペイントした2台。

 

 

 

 

今年の静岡ホビーショー合同展示会用に制作したサビボロのトラックジオラマ。

 

 

 


今年3月に行なわれた「タミヤ・第16回モデラーズコンテスト」で佳作賞を受賞した「MINI ザ・ラリー掘廖

 

 

 



マクロス・エリシオン要塞型とスチームパンク化したミレニアムファルコン。

 

 

 

最後の作品は、スチームパンクを取り入れたガチャーネン・ジオラマ。

 

 

 

 



とても楽しい2日間でした。

 

来年も恐らく開催されると思いますので、今から作品作りに励みたいと思います。

 

 

 

最後になりましたが、出展者の皆さま、実行委員のスタッフの皆様、お世話になり、誠にありがとうございました。

また、ご来場いただきました見学のお客様に厚く御礼申し上げます。





 

集合写真。

 

今回は、お隣のブースで親しくさせていただいている「あだっちゃん」にも集合写真に参加していただきました。

 

あだっちゃん、いろいろとありがとうございました。

 

また来年も呑みに行きましょう♪

 

at 23:00, 艦長 TAKAYA, ジオラマ制作クラブDMC

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.dionavi.main.jp/trackback/301