Dio☆Hobbyネットショップ


      ⇑⇑⇑⇑⇑ 艦長TAKAYAが運営しているネットショップです ⇑⇑⇑⇑⇑


当ブログで行なっている「初心者向けWebジオラマ講座」の検索ガイドをDionavi内のページに設けてあります。
ご活用ください。

  ★ 初心者向けWebジオラマ講座ガイド ★




<< 2018年 謹賀新年 | main | バンダイ ガシャプラQ スター・ウォーズ  〜ミレニアムファルコンのウェザリング >>

スチームパンク・ザク 制作記その1 〜バンダイ旧キット1/100シャア専用ザク

バンダイ 旧キット 1/100シャア専用ザク








今でも入手可能です。

当方は、2006年ごろに演劇仲間からもらいました。

実はガンプラって作ったことがなかったのです。

初めてのガンプラ作品になる予定でしたが、そのまま放置。。。




月日が流れ、2011年の春にFB(Facebook)を始め、FBプラモデル愛好会に入会しました。

そのFBプラモデル愛好会で、作ったプラモを披露しようというイベントが開催されました。

せっかくの機会なので、ずっと放置していた「1/100シャア専用ザク」を作ることにしました。




で、制作開始。

各パーツごとに作り、肩のスパイク部分には鋳造表現の加工まで行ないました。

あとは彩色して、各パーツを接着すれば完成です。



ところが・・・・・、






これ以上、作る気がおこらず放置してしまいました。



なぜか?


理由は簡単。

仮組みしたところ、あまりにもスタイルのバランスの悪さに、完成させる気力がなくなったからでした(苦笑)。

そして、また放置。








またまた月日が流れ、

去年(2017年)の暮れに、この放置ザクを「スチームパンク化」してやろうと思い立ったのでした。



ご存知の通り、2017年は当方にとってスチームパンクモデラーの元年でもあり、

このままでは絶対に完成させないザクをスチームパンク化してかっこ良くしてやろうと考え、再度制作を開始したのです。








長い前置きです(笑)。

ようやく制作記に入ります。

年末年始は、ずっとこのザクをいじってました。

まずはリベットと歯車の接着。





ひたすら、リベット接着・・・。










このリベットの接着が難行苦行でしたね(苦笑)。

流し込み接着材をボディに点付けし、ピンセットでリベットを乗せていく作業が続きました。

1か月ほどかかって、ようやく脚部と上半身の加工が完成しました。








このザクはアニメを元にしているためか、下半身が重厚で上半身が小さな作りになってます。

2Dだとバランス良く見えますが、立体的な3Dだと上半身が貧弱でバランスがイマイチ。

そこで上半身にジャンクパーツを取り付けて、バランスを取りました。









毎日、考えながらチマチマと作業をしていたために、けっこうな時間がかかってしまいました。






次に、塗装に移るのですが、配色に悩んでしまいました。

金・銀・銅・ガンメタ・ブロンズの各色をどうゆう風に配置しようか?

また、月日が経っていきます(笑)。





考えてても仕方ないので、とりあえずベースとなる色を各部に塗装開始。


ベースを金に、胴体部分をコッパーに塗装してから、各部を接着させました。



それがこちら。







これを見ながら、上塗りする各部の色を決めることにしました。

ここで、トラブル発生!


いろいろな角度から眺めながら各部の色をイメージしていたのですが、

足や腕などの可動部が他のパーツと擦れて、塗装がハゲてしまいました(T_T)。



そこで可動を捨て、流し込み接着材で固定することにしました。

ハゲた部分も修正。







イメージができてきたので、各部の彩色に移ります。



「スチームパンク・ザク 制作記その2 完成編  〜バンダイ旧キット1/100シャア専用ザク」 に続く。。。
 

at 23:00, 艦長 TAKAYA, ジオラマ&模型作品 / ジオラマWeb講義

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.dionavi.main.jp/trackback/311