Dio☆Hobbyネットショップ


      ⇑⇑⇑⇑⇑ 艦長TAKAYAが運営しているネットショップです ⇑⇑⇑⇑⇑


当ブログで行なっている「初心者向けWebジオラマ講座」の検索ガイドをDionavi内のページに設けてあります。
ご活用ください。

  ★ 初心者向けWebジオラマ講座ガイド ★




<< バンダイ ガシャプラQ スター・ウォーズ  〜ミレニアムファルコンのウェザリング | main | モデラーズフェスティバル2018 DMC参加のご案内 >>

スチームパンク・ザク 制作記その2 完成編 〜バンダイ旧キット1/100シャア専用ザク

前回に続き、スチームパンク・ザクの制作記 パート2です。


※パート1の 「スチームパンク・ザク 制作記その1 〜バンダイ旧キット1/100シャア専用ザク」 の記事へ




前回、ベースの色を塗ったところまでお届けしました。







今回は、各部に上塗りして完成させます。







まずは、いきなり完成写真をご覧ください(笑)。

塗装については、のちほど解説します。
























胴体のコッパー色について

コックピットがある胸の中心部分は、エアブラシでタミヤ アクリル塗料の「ブロンズ」を重ね塗りしました。

歯車もいっしょにブロンズを上塗りしたので、シンナーを染み込ませた綿棒で軽く拭き取り、下地の色を出しています。






胴体のリベット周辺の陰影について

タミヤ アクリル塗料の「コッパー」の上から、エナメル塗料の「ブロンズ」を塗って乾燥させたあと、

リベットやスジ掘りしたミゾの周辺を残すように、

エナメル溶液を浸した綿棒で拭き取っていきました。

シャドウ吹きのような陰影ができます。

エアブラシを使用してもいいかもしれませんが、当方は手動で行ないました。






金色の頭部や腕、足の色加工について

金色はタミヤ アクリル塗料の「ゴールドリーフ」です。

金色を落ち着かせるために、タミヤ エナメル塗料の「ブロンズ」を上塗り。

乾燥後、エナメル溶液を浸した綿棒で拭き取り。

胴体部分と同じやり方です。

「ゴールドリーフ」の上から「ブロンズ」を上塗りすると、

「ブラス」のような色合いになり、非常にいい風合いになります。

当方独自の彩色方法です。

名付けて「ブラス風塗装」。






エナメル塗料の注意点

エナメル塗料は、接着剤を侵します。

接着剤の上からエナメル塗料を塗ると、接着剤が取れてしまうのです。

過去に何度か失敗したので注意していたのですが、今回もやってしまいました。

可動により擦れて塗料が剥げてしまうため、脚部と腕部の可動部に流し込み接着剤を使用して固着していたのですが、

案の定エナメル塗料を塗ったら可動するようになってしまいました。

再度やり直し。

接着剤の部分だけアクリル塗料の「ブロンズ」を塗って修正しました。

エナメル塗料はプラ材も侵しますので、使用には注意が必要です。





ガイアカラー EX-07 EXシルバーについて

このシルバーの色合いがお気に入りで良く使用してます。

今回もアクセントとして動力パイプなどに使用しています。

しかし、この塗料はエナメル塗料で溶けてしまいます。

ザクマシンガンや動力パイプのスミ入れにエナメル塗料を使用したところ、シルバーが剥げてしまいました。

あとで知ったのですが、ガイアのホームページに注意書きが掲載されてました。

ガイアシルバーの上からエナメル塗料を塗る場合は、要注意です。


再度、ガイアシルバーの塗り直し。

動力パイプの継ぎ目はマジックで塗り、ザクマシンガンはウェザリングカラーのマルチブラックを点付けしました。










ベース色を塗ってから完成まで、また1か月ほどかかってしまいました。

けっこう苦労しましたが、我ながら良く出来たわい、と自画自賛してます♫




最後に、各部のアップを。











 

at 23:00, 艦長 TAKAYA, ジオラマ&模型作品 / ジオラマWeb講義

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.dionavi.main.jp/trackback/312