Dio☆Hobbyネットショップ


      ⇑⇑⇑⇑⇑ 艦長TAKAYAが運営しているネットショップです ⇑⇑⇑⇑⇑


当ブログで行なっている「初心者向けWebジオラマ講座」の検索ガイドをDionavi内のページに設けてあります。
ご活用ください。

  ★ 初心者向けWebジオラマ講座ガイド ★




<< フジミ模型 ちび丸ミリタリーシリーズNo.03 3・1/2tトラック  完成 | main | モデラーズフェスティバル2017 〜DMC出展報告 >>

スチームパンク・ミレニアムファルコン 〜バンダイ ビーグルモデル006

ガチャーネンのスチームパンク・ジオラマの制作で、

すっかりスチームパンクにハマってしまった当方です(笑)。





これから、どうやってスチームパンクを取り入れた作品を作っていこうか?


そこで思いついたのが、


既存の模型をベースにした「スチームパンク模型」です。







すでに第一弾は「哀愁のガチャーネンwithスチームパンク」を制作しているので、

第二弾作品としてミレニアムファルコンをベースとした「スチームパンク模型」を作ることにしました。




普通に作ったあと、

お約束の「歯車」を接着します。



「歯車」はアマゾンで購入。

歯車 チャーム 約50種 150個 4色セット たっぷり 200g



当方も購入したこのセットは、特にお勧めです。

200gの量で、この値段は安いです。

色も4色あり、さらに様々なサイズの歯車がセットになっていて、初めて歯車を購入するのに最適かと思います。

4色の色がありますが、そのままの色で使うと浮いてしまう(特に金色と銀色)ので、当方は上から着色します。

保存はタッパに入れてます。



※2セット購入したので、400g分の量です。



他にも、2色セットもあります。

ゴールドと赤銅色の2色セット




シルバーと古銅色の2色セット







最近では、百均の「セリア」でも販売されてます。

量だけみると割高に感じますが、小さいサイズの歯車が入手できます。












「スチームパンク模型」で一番悩むのが、

《 色の配色 》 です。



バランス良くスチームパンクカラーを配色するにはどうすればいいか?

※「スチームパンクカラー」とは、当方が勝手に名付けた名称で、

金・銀・銅を基調にガンメタ・黒色・茶色などの色の組み合わせを言います。



悩んでいても仕方なにので、

まずはベース色を塗ってから、細部の色を決めて塗っていきました。







で、いつものように、いきなり完成画像です(苦笑)。







せっかくのファルコンのかっこ良さを活かすように、

ワンポイント的に歯車を付けてあります。





その分、台座に力を入れました(笑)。









先にFacebookで公表したところ、

とても好評でした。



まぁ、自分でもカッコイイなぁと毎回ながら自画自賛してます(笑)。








おまけ


ついでに、

スチームパンクアクセサリーも作ってみました。





歯車の接着は瞬間接着剤を使用しました。


が、落としたときに衝撃で取れてしまいました。


以後は、「ボンド ウルトラ多用途SU クリヤー」を使用してます。



衝撃にも強く歯車の接着にお勧めします。


 

at 23:00, 艦長 TAKAYA, ジオラマ&模型作品 / ジオラマWeb講義

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.dionavi.main.jp/trackback/313